ウエストのシェイプアップには筋トレメニューが効果抜群

シェイプアップをはかるためにウエストを細くしたいなら、体重を落とすこと以外にもすべきことがあります。

腹周りについた脂肪を積極的に燃やすためには、筋トレなど、ウエストの筋肉をよく使う動きをして、代謝を促進することです。

つまり、お腹周りに筋肉をしっかりとつけていけば、自然にウエストの脂肪が燃焼しやすくなり、ウエストに肉がつきにくい体質になるのです。

ウエストを支えているのは腹横筋という筋肉で、ここを集中的に筋トレしていけば、シェイプアップ効果が高くなります。

腹横筋を鍛えるための方法としては、仰向けに寝て腕を真横に開いて、ちょうど十字の形になるようにします。

足をそろえ、真上に上げてから、まずは左へ、次に右へ倒します。急に動かさずに、腹横筋を意識しながらじわじわと足を倒していきます。

ウエストのシェイプアップをしたい人は、この腹横筋の筋トレを毎日続けるといいでしょう。

シェイプアップがスムーズに行われるようになるには、筋肉を適度につけておくことが大事です。

このウエストの筋トレは効果が出るまで時間がかかり、数日程度続けただけではあまり意味がありません。

筋肉を鍛えるのには毎日行うことが必要で、さらに1ヶ月以上は続けないと筋トレの効果は出てきません。

シェイプアップしたウエストを手に入れられるのは、だいたい3ヶ月後ぐらいになるでしょう。

確実にウエストのシェイプアップをしたいならば、毎日の筋トレに取り組むことが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です